生ごみを自然に還す「キエーロ」を作る

キエーロとは?

キエーロとは黒土と太陽と風を生かして生ごみを土に還すコンポストボックスのことです。虫が湧きにくく臭いも少ないという特徴があり人気を集めているようです。発明者は葉山在住のご夫婦です。

こちらのWebサイトに詳しい説明があります。
http://www.kiero.jp/

バクテリアdeキエーロは、毎日出る生ごみを
なんとかおうちで処理できないものかと
いろいろな方法や機械を試しつづけた
葉山にお住まいの夫妻が
十年かけてたどり着いた最後の形。

それは、土と太陽と風の力を借りて
生ごみを分解するといういたってシンプルな方法でした。

燃えるごみの多くを占める生ごみは
実は燃えないために石油をかけて燃やしています。
また、嫌なにおいやハエを呼んでしまうこともしばしば。

そんなやっかいな生ごみから
土の力に感嘆し
自然の力を肌で感じることができるなんて
なんだか新しい体験

そして、キエーロ仲間が集まれば
生ごみから始まる楽しいお話が生まれます。
夫婦の会話もそのひとつ。

こんな楽しいことを、もっと多くの人に伝えたい。
キエーロの魅力に惹かれ集まった有志が活動をしています。

寒川町のWebサイトにさらに詳細な使い方が載っていましたので、氣になる方はご覧ください。とても詳細な内容のPDFファイルもダウンロードして閲覧できます。

消滅型生ごみ処理器キエーロ使用方法

実践して循環を取り戻すために

本来人間は自然の一部ですがついそのことを忘れがちです。自然とは何か?と考えた時、「循環していること」が大切であると考えています。そこでまずは身近にある生ゴミを土に還し循環の輪に加わってみるのはいかがでしょうか。

お金の影響力が強い世界に慣らされてしまうと、つい費用対効果を考えて足踏みをしてしまいがちになりますが、大切なのは小さな行動を積み重ねて徐々に意識を変えて行くことだと思います。

そうは言っても実践のハードルは高い…そこで循環の観点からキエーロを作りたくなるコンテンツを2つご紹介します!

【キエーロ】作り方も簡単な最強のコンポスト!庭で2年間使って分かった4つのメリット

…循環させることが魂の欲求のようになっている著者に共感します。そういう人を増やしたいです。

ウンコを土に還さない現代生活は、想像以上にヤバかった

…私もそこまでは実践できてはいませんが、これと同じ発想でまずは生ごみをキエーロで循環させるのはいかがでしょうか?

コンポスト・ライフをはじめてみたい度120%になりましたね!?

購入も可能

キエーロは販売もされています。価格は15,000円~など、それなりのお値段ですが、ゴミの減量を目指す各自治体の補助で3,000円~5,000円で購入できる場合もあるようです。

しかし私は下記のような理由から敢えて自分で作ることにしました。
1.自分で作ると仕組みがよく分かるから
2.なんでも買ってすませる生活に疑問を感じているから
3.作る時間をコストではなく楽しみと考えるから

材料の調達

キエーロには土の上に置く底がないタイプとベランダなど土のない場所に置く底があるタイプの2種類がありますが、私は今回コンクリートの駐車場に設置することを考え、底ありタイプを作成することにしました。

購入した材料は下記になります。通販は配送料金が高くつくため、ホームセンターでまとめて購入すると良いと思います。できれば廃材を組み合わせて安く作りたいところです。

  1. 前後・左右・底の板
    杉板(12mm厚 180mm×1,820mm)5枚の束を2セット …2,360円
    計10枚購入、3枚余りました
  2. 木材:本体の骨組み
    赤松(30mm×40mm×1,000mm)を6本…852円
  3. 蓋の骨組み
    SPF材(1×2×3)を5本…990円
    「1×2」= ワンバイツー = 19mm×38mm
    「×3」 = 3フィート = 914mm

  4. 無色透明のポリカ波板(w655×1520mm)…1,600円程度
    (太陽の光が入るように無色透明、耐久性を重視し塩ビ製ではなくポリカボネート製が良いそうです)
  5. 蓋の蝶番
    ステンレス蝶番(64mm)…500円程度
    「タンスなど軽量扉に」と説明がありました

    出展:モノタロウ
  6. 蓋を止めるねじ
    波板スクリュー(5mm×35mm 12本入り)…348円
  7. 断熱材
    前面、背面、底用
    スタイロフォーム(30mm厚 910mm×1820mm)…1,600円程度

    出展:モノタロウ

    側面用
    スタイロフォーム(40mm厚)…廃材を利用
    使ったサイズは540mm×540mm×2

    さんわーくかぐや」さんにて改築時の廃材をいただきました
  8. ねじ
    3.8x 35mm 木割れ解消ビス140本入り…475円
  9. ペンキ
    水性木材保護塗料 スプルース 1.6L…2,480円
  • 不織布
    底板と土が直接触れないようにするために使用します。100円ショップなどでも手に入ります。
  • 黒土
    14リットルを6~8袋…2,000円程度
    庭の土でも問題ありません。

工具

使用した工具類の写真です。

インパクトドライバーはあると便利です。後々役に立つと思いますのでこれを期に揃えても良いかもしれません。

ドレッサーは木材のサイズを微調整したり角を丸めたりする際に便利です。

また、波板を切る作業がとても大変でしたので、波板専用のハサミを揃えても良いかもしれません。

木取り図

木の切り分け方の参考にしてください。実はキエーロが完成してからこの図を作ったため、誤りがあった場合はご了承ください。

このような図を作ってから材料を購入した方が間違いが少なくなります。今回、私はホームセンターに行ってからノートにこのような図を書きながら木材を購入したため大変時間が掛かってしまいましたが、良い教訓となりました。

設計図

木取り図と照らし合わせたらキエーロの構造が分かるでしょうか?

制作

それでは作っていきます。

木取り図を見ながら木材を切ります。木材と木材が接触する部分にもペンキを塗りたいので組み立てる前にペンキを塗ります。木材を長持ちさせるためにも必要な作業になります。

省スペースのために壁に立てかけながら乾かしています

最初の組み立ては側面の板に足を付けるところから行いました。

柱の木材。30mmの辺を側面の板にビスで留めます。

下の写真では寝かせていますが実際は立たせます。左右2本の縦向きの角材が柱になります。下の方に横向きに取り付けた同じ太さの木材には底板を載せることになります。

左右反転したものをもう一つ作ります。
前後の板を取り付けます。サイズを合わせてカッターで切った側面のスタイロフォーム(40mm厚)も仮に嵌めてみました。

また、底が抜けそうだったので底の裏側に一本木材を追加しています(設計図記載の「底補強(長い)」)。このあたりは経験と勘でしょうか。ここまで作ってみて初めて補強が必要だと感じました。

スタイロフォームは冬場に断熱効果を発揮してバクテリアの活動を活発にするために使用します。

自然素材ではないため使用をためらいましたが、本来のキエーロの機能を試したいので使ってみることにしました。

前・後と底のスタイロフォームも嵌めてみました。スタイロフォームは柱の太さに合わせて30mmと40mmの厚さのものを使用しています。

この厚さは土が柱に触れて劣化しないように考えた結果ですが、断熱のことだけを考えるならばそこまでの厚さは必要ないかもしれません。

水抜きの穴を空ける

一旦底のスタイロフォームを取り外して底板に水を抜くための穴を開けます。鉛筆で簡単に空きます。

再度スタイロフォーム取り付け、鉛筆を穴に通して底板に印目を付けドリルで穴をあげます。私は持っている中で一番太い4.8mmのドリルで16箇所穴を空けました。室内で作業する場合は勢い余って床に穴を空けないよう注意。

写真は空けた穴に細い筆で防腐剤を塗っているところ。

再度スタイロフォームを取り外して底板の上に不織布を敷きます。不織布は水を通すけど土は通さないため木材の劣化を防ぎます。しかし強度は少し心配…より丈夫な雑巾などの布を敷き詰めても良いそうです。

スタイロフォームを戻します。

蓋を作る

1×2(ワンバイツー)材で蓋の骨組みを作ります。斜めに取り付けるため大きさを確認しながら作りました。

蓋の骨組みの木材にも忘れずに防腐塗料を塗りネジで組んだ後に蝶番で本体取り付け。さらに枠よりも少し大きめのサイズに切ったポリカ波板を取り付けます。

波板には向きがあり傾斜に沿って雨が流れる向きに取り付るけ必要があります。また複数枚の波板を重ねて取り付ける際は2波分くらいを重ねる必要がありますので、そのあたりも考慮して余裕を持ったサイズにカットします。さらに波板の角に服をひっかけたり怪我をしたりしないように角を丸くカット。

持ち運びがしやすいように取っ手も取り付けました。取っ手はドレッサーを使って角を落として持った時に手が痛くならないようにしました。

屋根を斜めに取り付けたため側面に風が通り抜ける穴が空いています。風と透明の屋根を通過する太陽の光の力によって生ごみの分解が促進される仕組みです。

波板を止めるねじ。ポリカ波板にはあらかじめ位置決めためにドリルで穴を空けました。波板は薄く(固くなく)かつ滑りやすいため電動ドリルではなく手回しのドリル(ピンバイス)を使いましたがキリでも問題ないと思います。

完成

屋外に出して黒土を入れ使用開始です。

後ろにフェンスがあります。蓋が開きすぎて蝶番のあたりが破損する懸念がありましたが、開く際はフェンスに蓋を寄り掛けることでひとまず開き過ぎを防止。蝶番の付け方もご参考までに。

いかがでしょう。キエーロを作ってみたくなりましたでしょうか?ぜひ挑戦してみなさんも「消費から循環へ」楽しくシフトしましょう!

木材で太陽光パネルの架台を作る

前回、テンダーさんの「わがや電力」を読みながら太陽光発電パネルの発電システムを作った時の様子を記事にしました。

前回の記事:「わがや電力」で身の丈の電気をDIYしてみた

今回は太陽光パネルを設置する架台作りについご紹介します。

パネルの設置場所を決める

わが家電力の発電システムの仕組み自体は、本の手順に従えば比較的簡単に構築できました。

しかし、太陽光パネルをどのように設置するかについては、各々の住居事情により状況が異なるため、少し悩むことになりました。

当初、1Fの屋根の上に太陽光パネルを載せてはどうかと考えましたが、屋根の傾斜がきつく、足場がなければ設置が難しいため考えを改めました。

屋根のペンキを塗り替えるために足場を組む予定があったので、その際に設置させてもらえるよう業者さんに相談し、了解を得ましたが、今後もパネルを増やすなど、DIYを繰り返したいので、自分の手が届く範囲に設置することにしました

考えた末に、家の南側の駐車場の空きスペースの地面に置くことにしました。

すぐ脇が家庭菜園で白菜やキャベツが育っており、まずまず日当たりが良い場所です。今回はこの場所に設置した太陽光パネルの架台を作る過程をご紹介します。

DIY初心者の私が作ろうとしても、なかなか情報が見つからなかったので、お役に立つと幸いです。

架台のコンセプト

当初は廃材の利用を検討しましたが、廃材が簡単に手に入らなかったこともあり、それならば多くの方が、自分でも作れそうと感じられるよう、簡単な作りにしようと考えました。

コンセプトは、①簡単に作れる②あまり無骨なデザインにはしない、の2点です。

また、平面に設置するため角度を付けることができ、ワンタッチとはいかずとも、季節毎くらいの頻度であれば容易に角度を変えられるようにしようと考えました。

今回分かったこととして、ホームセンターで売られている木材には2×4(ツーバイフォー)等の規格があり、それに合わせた連結金具も存在するということでした。今回はそれらを活用します。

木材の準備

用意した木材はこちらの5本。太いものが3本、細いものが2本です。

太い木材はこちら。

ラベルを読むと38ミリ×89ミリとあり、半端ですが、2×4(ツーバイフォー)規格のサイズです。長さは表記の900mmと書かれていますが、より長く3フィート=91.44cmだと思われます。 サイズ重視で選んだところ薬剤が染み込ませてある防腐木材でした。柔らかいので木ネジは締めやすかったです。ホームセンターのコーナンで@448円×3本購入。

細い木材はこちら。

SPF材。2×2×3の意味はツーバイツー(38mm×38mm)で長さが3フィート(91.44cm)ということらしいです。 コーナンで@198円×2本購入。

木材を切る

太い木材を1本だけ、ノコギリで真っぷたつにカットします。

また、写真がありませんが、細い木材は太陽光パネルの短い辺の長さと同じくらいの長さに2本ともカットします。

木材を塗装する

腐蝕を防ぐために、すべての木材に水性塗料を塗ります。防腐木材であっても自分でカットした切り口には塗装が必須となるそうです。

コーナンで1280円

十分に乾かします。防腐木材とSPF材は色に少しの違いがありましたが、塗装することによって氣にならなくなりました。艶も出て防水効果もありそうです。

金具について

木材の組み立てを楽にするために金具を使います。使用したのはこちらの2種類、計6個の金具です。

こちらの銀色の金具はシンプソンというアメリカのメーカーの「リジットタイ」という製品です。シンプソンは他にもさまざまな形の金具を作っています。

シンプソンのリジットタイ。 コーナンで@140円×4つ購入。

もう一種類は八幡ねじというメーカーの「垂とめ金具」です。こちらが今回使用した2種類の木材にピッタリ合うサイズで、簡単かつ頑丈な工作を可能にしてくれました。

八幡ねじの「垂とめ金具」@648円×2 若干値が張るので躊躇しましたが 垂直に木材を立てる難題を解決してくれました。http://www.yht.co.jp/ctlg/011a.asp?pf_id=12029247035

組み立て

まずは太い木材を長方形に組み、リジットタイで連結します。方法は木ネジをドライバーでねじ込むだけです。電動ドライバーは使わず、手作業で十分でした。

リジットタイを使って、4本の木材を長方形に組んだ後、下の写真のように「垂とめ金具」を取り付けます。

垂とめ金具の取り付け位置は、太陽光パネルにあらかじめ開けられている穴の位置に合わせます。

垂とめ金具に細い木材を垂直に立て、木ネジで固定します。写真を撮り忘れましたが、イメージがつきますか?

太陽光パネルを載せる

太陽光パネルをちょうど良い角度に立て掛けます。記事冒頭の写真を参考にしてください。

制作したのは冬だったので45度くらいの角度に立て掛けました。

夏は30度くらいに調整しなおすと良いようですが、発電量が少ない冬に最適化するのもひとつの考え方かもしれません。

太陽光パネルを針金で固定する

下の写真で架台に立て掛けた太陽光パネルに開けられた穴が見えますか?これはパネルに元々ある穴です。

その穴の位置に合わせて、垂直に立てた木に2箇所切り込みを入れてあります。ノコギリで少し削っただけです。

切り込みをいれたら念のため腐蝕防止の塗装をしましょう。

私は全体の塗装の前にあらかじめ切り込みを入れておきましたが、順序は問いません。

針金を太陽光パネルの穴に通し、この切り込みにくいこむように2~3周させて固定します。最後は両手にペンチを持って針金をよりました。

完成

架台の完成です。

MC4コネクターにソーラー延長ケーブルを取り付けて、電気を室内に引き込みます。

まとめ

今回は太陽光パネルの架台を作成しましたが、DIY初心者ということもあり、設計を考えるまでに長時間かかりました。

最終的にはホームセンターで商品を見てツーバイフォー木材とそれに合う金具を使う方法を思い付きました。

規格サイズの木材と金具を使うと制作の難易度が下がるということは大きな発見でした(廃材の利用も捨てがたいですが)。

記事を読んでいただき、架台の設置のイメージを固め、身の丈のソーラー発電を始める方が増えたら嬉しいです。

「わがや電力」で身の丈の電気をDIYしてみた

テンダーさんについて

インターネットで自称「社会派ヒッピー」のテンダーさんという方を知りました。ちょっと驚きですが、電気、ガス、水道をすべて契約せず、低支出・低収入・低負荷がコンセプトの「てー庵」にお住まいなのだそうです。

テンダーさんの著書「わがや電力」の言葉が新聞記事に載っていました。彼の思いが凝縮されているのでご紹介します。

「大事なのは自分が生きるために必要なエネルギーを知ることだ」

「遠隔地で発電して送る方法は送電ロスが大きくて、もったいない」

「電気に限らず、生産の場と消費の場が遠く切り離され、問題の所在が見えにくくなっている」

とあり、彼が単なる節約家ではなく、伝えたいことがあって理想のライフスタイルを実践していることが分かります。

「生産の場と消費の場が遠く切り離されている」点については、私自身、日頃から野菜などの食べ物について感じていることでもありますし、石油やウランなど食べ物以外のものについても、見境のない移動に疑問を感じていますので「送電にも大きなロスがあるんだ」ということに氣づきつつ共感を覚えます。

テンダーさんの日々の生活はドキュメンタリー番組にもなっており、インターネットで無料で視聴できますので、興味を持ったら是非ご覧ください。

電気・ガス・水道料金ゼロ テンダーの思い

わがや電力を読む

書籍「わがや電力」に興味を持ったので早速入手しました。表紙には「12歳からとりかかる太陽光発電の入門書(やわらかめ)」とユーモアのあるコピー。加えてイラストもかわいらしく興味を惹きます。

まずは本の内容を一通り読みました。中身にもイラストが多用されており、これならできそうだなと思いました。

また、5章の「いつか大人になるきみへ」では、長い年月をかけて生成された資源を一時の便利さのために浪費する現代人のライフスタイルに疑問を投げ掛けています。

『足りないのはエネルギーではなくて、ひとりひとりが「自分自身を知ること」だ。』

やはりポイントはココですね。その通りだと思います。しかし私はそのことを頭で分かっていても、恐らく体の芯から理解するに至っていません。だからとにかくやってみてどう感じるか、試してみることにしました。

必要なもの揃える

部品や工具類を購入するお店についても、テンダーさんのホームページに載っています。

テンダーさんのWebサイト「ヨホホ研究所」のわがや電力のページ

全てネット通販で一通り必要なものを揃えました。

購入したものを列挙します。

100ワットのソーラーパネル、バッテリー、チャージコントローラー、MC4コネクタ付きのソーラー延長ケーブル、VTCFケーブル、インターホンケーブル、3連シガーソケット(USBソケット付き)、シガープラグ、Gu5.3口金のLED電球、Gu5.3口金のケーブル付きソケット、テスタ、ハンダごて、ハンダ、ハンダごてスタンド、ビニールテープ

揃えるものが沢山あり、ひとつひとつ悩むと億劫になってしまうので、テンダーさんのホームページを参考にネット通販で次々と購入しました。総額の出費は数万円ほどで、決して安くはありませんが、やはりここは金額よりもやってみることを重視!

ご参考までに、大掛かりなオフグリッドシステムを業者に頼んだ場合は施工を含めて数百万円かかってしまうそうです。

わがや電力を構築する

もともと自宅にあったニッパー、ワイヤーストリッパー、ドライバーなどの道具もひっぱり出しての作業になりました。

主な作業はコードを絶縁している被覆を剥く、銅線の強度を上げるためにハンダでメッキする、銅線と銅線をハンダで繋ぐ等であり、特に難しくありませんでした。本の解説通りに進めます。

次の写真でバッテリーの上に載せてある横長の長方形の機械はチャージコントローラーです。充電のし過ぎやバッテリーの使い過ぎを防いでくれるスグレモノです。

このチャージコントローラーに、バッテリー、ソーラーパネル、複数連シガーソケット(USBソケット付き)の3つを取り付ければ基本的な仕組みは完成です。

ソーラーパネルから出ているケーブルはとても短いのでMC4コネクタでソーラー延長ケーブルに接続。しかしながらコネクタの相性が合わず固くて嵌まりませんでした。別途調達したMC4コネクタに交換して解決。

LEDを灯してみる

基本的な仕組みが出来上がり、窓辺にソーラーパネルを置いてみたら弱いながらも発電できていることを確認できました。ひと安心。

太陽光が弱くてもバッテリーは充電された状態で販売されているので、ソーラーパネルの設置場所の検討は後回しにして取り敢えずLEDを点灯させてみます。

無事点灯しました(喜)

3.8ワットの電球ですが、この電気が数個あれば明るさは足りそうだと思いました。

LED以外の機器について

このわがや電力ではシガーソケットとUSBが使えますので、スマートフォンの充電をはじめ、大抵のカー用品を使用することができます。その他にはどのような機器がわがや電力に向いているか、向いていないのかについて本に載っていますので、身の丈にあった電気について考えるきっかけになります。

例えばノートパソコンなどは交流100ボルトの家庭用コンセントの電気をアダプターを使って直流5ボルトにまで落として使っているそうで、わがや電力のシガーソケットから出る直流5ボルトと同じです。

シガープラグからノートパソコンを充電できるコードが市販されているので、それを使えばわがや電力でもノートパソコンの電気を得ることができます。インターネットのモデムやルーターでも使えるとのことです。

また電気が足りなければ100ワットのソーラーパネルを2枚追加する「マジ電力」の構築方法も本で紹介されています。そちらでは電気製品のコンセントプラグを使ったりもできるようです。実際にテンダーさんはそれで脱水機や掃除機も使って暮らしています。

今後の課題

今回の記事では、ひとまずわがや電力の構築とLEDの点灯までご紹介しました。次回以降太陽光パネルの屋外への設置(もうやりました!)についてご紹介させていただくつもりです。

また、今後他の機器をどのように使っていくかやパネルの増設の検討については継続的な課題になりそうですので、順次ご報告して行きたいと思います。